Neo WOOL SHIRT size:XS/S
5daee2805b61b46205763f90 5daee2805b61b46205763f90 5daee2805b61b46205763f90 5daee2805b61b46205763f90 5daee2805b61b46205763f90 5daee2805b61b46205763f90 5daee2805b61b46205763f90 5daee2805b61b46205763f90 5daee2805b61b46205763f90 5daee2805b61b46205763f90 5daee2805b61b46205763f90 5daee2805b61b46205763f90 5daee2805b61b46205763f90 5daee2805b61b46205763f90 5daee2805b61b46205763f90

Neo WOOL SHIRT size:XS/S

¥21,000 税込

¥40,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

  • CHARCOAL (チャコール)XS

  • CHARCOAL (チャコール)S

  • ICE GRAY (アイスグレー) XS

  • ICE GRAY (アイスグレー) S

  • CAMEL (キャメル)XS

  • CAMEL (キャメル)S

*こちらの商品は発送の都合上、在庫を2回に分けて販売いたします。 第一回 10/29 12:30~ 11月上旬発送 第二回 11/7 12:30~ 11月中旬発送 ーーーーーーーーーーーーー ウールシャツを作りました。 ウェアを作るなら絶対に作りたかったアイテム シェルやパンツは素材の性能が毎年の様にブラッシュアップされ 耐水圧や透湿性 開発側とのいたちごっこ? 性能はもちろん大事な事だけど ユーザーを煽り消費を促すための数値でもあるのでは? 僕らがやりたいことはそんな数値では 表すことができない物作り 目指すのは快適でストレスのない山の道具 今回もその思いで開発していきました。 僕は長年ウールシャツを愛用してきました 山でも日常でも ウールシャツの何が良いの? それはウールの持つ素材の特性が大きく それについてはウールTシャツの開発の際に説明したので割愛しますが 今回のシャツで言うのであれば 消臭性と保温性 それにともすればデメリットになる風通しの良さ 今回この風が適度に抜けることがポイントになっています ウールは保温性に優れる 良くその様に言われてますが それはアウターを着た状態でのことだと思うのです 冬にセーターだけでは寒いけど 上に一枚羽織れば暖かい そんなことをイメージすると分かりやすいでしょうか? 行動中にオーバーヒートした際 その適度に風を通す感じが心地よく 寒さを感じれば一枚羽織ると暖かい そんな体温調節のしやすさも魅力の一つだと考えます ウールの良さだけ考えたらセーターでも良いじゃない? いえいえそこはシャツにこだわりたいのです ボタンで体温調整もしやすいですし 同じ厚みのニットではすぐに破けてしまう だからと言ってローゲージのニットは暑すぎる そして僕は何よりシャツと言うものが好きなのです。 僕の探した範囲で言うのであれば ウールシャツは圧倒的に海外ブランド ウールリッチやペンドルトン 日本だとモンベルくらい? たまにファッションブランドで見かけるけど 生地は薄く山で使う様な感じではありません 僕は前者を愛用していますが アメリカ特有のワーク感が強め 襟も大きめが多く生地厚もあり固め 古着を選べばこなれた着心地のものがあるけれど 探すして見つけるのが大変 あ〜もっとすっきりとしたデザインで山でも着れる ウールシャツがあれば良いのになぁ〜 きっとそんなことを考えている人が僕以外にもいるはず ないなら作れば良い! いつもながらのその考えで開発がスタート 先ほども触れた様にワーク感のあるものはすでにある もちろん素材はウール でもただのウールでいいの? 昨今ウールの良さを再認識する記事なども良く見かけます だけどウールが廃れたのはそれを上回る素材が開発されたから 廃れたものをデザインや原点回帰などの味付けでやっても意味がない やるからにはもう一つ進化した 過去を上回るものにしなければならない ハイカーズTシャツの様に そこで僕らが提案したいのは 新しいウール素材を使ったシャツ ネオ ウールシャツなのです 何がネオ 新しい? 今回最高の生地を見つけることができました それは 「ストレッチウール」 僕がウールシャツを愛用する中でいくつかある不満 それは伸縮性の無さ ストックを使う際やカメラを構える時に肘が突っ張る テントなど窮屈な体勢では背中が突っ張る そんな不満がこの生地を使うこどで 一気に解消されたのです ストレッチウール 魔法のウールとまでは言いませんが これを使えることが出来たのが今回最大のポイントだと思います 残すはデザイン 目指すはシャツとワークシャツの中間の様なもの パッとみた時に目を惹くのがスタンドカラーの襟 知的な印象だと思いません? 本来山登りは知識人のスポーツ もちろんそんな理由もありますが 上にアウターを着ることなどを考慮して レイヤリングの邪魔にならないのがスタンドカラーの 利点でもあるのです ウールシャツの背景がワークシャツ だからなのかスタンドカラーのウールシャツは見たことがありません 単に僕が知らないだけ? ポケットは胸ポケと大きめのアウトポケットが二つ 携帯やリップなど小物を入れるのに便利 そして寒い時は手を入れる 手を入れてもらうとわかるのですが あれ?何んだか暖かい? そうなんです ポケット裏地にトリコットを使うことにより 手を入れると暖かいのです このトリコットはウールのデメリットでもある チクチクした肌触りを防いでくれます 首元はもちろんのこと 手首にも使うことで保温性にも一役担ってくれています トリコットは汗をかくと冷たく感じる可能性があるそうですが 僕が使用する範囲では大丈夫でした ボタンはスナップボタンで脱ぎ着がし易いです 着丈は少し長めにしています 寒さ対策でもありパンツにインしてもめくれ上がらないながさ そして縫い付けの織りネームのデザインは イラストレーターの間芝さんへ依頼 アウトドブランドにはない 力の抜けた感じが素敵だと思いませんか? 間芝さんにはブランド下げ札や 宅急便コンパクトのデザインもお願いしています そんなことをして少しづつブランドぽくしてみたり みなさんに喜んでもらえたら嬉しいです 最後に 今回も生産はアクシーズの柳谷さんに依頼 ヤッケ、パンツ、ショーツ 僕らの考えや好みを理解して作り上げてくれる ミスター凌ぎ柳谷さん 僕らの服作りは柳谷さんの知識と経験がなければ不可能です 中国製ですが変な工場では作ってませんのでご安心ください color キャメル、アイスグレー、チャコール size XS/S/M/L (cm) XS 着丈72/身巾51//袖丈48,5/裾巾49/袖口巾11 S 着丈74/身巾54//袖丈50/裾巾55/袖口巾11.5 M 着丈76/身巾57//袖丈51.5/裾巾55/袖口巾11.5 L  着丈78/身巾60//袖丈53/裾巾58/袖口巾12 素材 ウール89% ナイロン9% ポリウレタン2% 価格 税込21,000 (19,091) 全体的にゆったりとした作りになっています ご購入の際はサイズ表を確かめてからの購入をお勧めします ちなみにモデルをされた方が最終的に購入したサイズを記載しておきます。 154cm 女性 XS購入 162cm 女性 S購入 (*大きめに着たい場合) 172cm 男性 M購入 178cm 男性 L購入