[9/23 抽選販売応募券] PAC-03 Col:BEIGE
5f5af18b1829cd5d23080e4d 5f5af18b1829cd5d23080e4d 5f5af18b1829cd5d23080e4d 5f5af18b1829cd5d23080e4d 5f5af18b1829cd5d23080e4d 5f5af18b1829cd5d23080e4d 5f5af18b1829cd5d23080e4d 5f5af18b1829cd5d23080e4d 5f5af18b1829cd5d23080e4d 5f5af18b1829cd5d23080e4d 5f5af18b1829cd5d23080e4d 5f5af18b1829cd5d23080e4d

販売期間
2020/09/23 12:30 〜 2020/09/23 12:50

[9/23 抽選販売応募券] PAC-03 Col:BEIGE

¥0

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー こちらの商品については【抽選販売】とさせていただきます。 手順は以下のようになります。 9/23 12:30~12:50の間のみ 抽選応募券0円を購入 ↓ 抽選 9/24 10:00~12:00の間 当選者様のみに決済方法のご連絡  *9/25 12:00までに【当選者様】のカートにて決済を行っていただきます。*落選された方への連絡はしておりません。あらかじめご了承ください。 ↓ 決済完了確認 9月末 発送予定 《 応募いただく上での注意点 》 ⑴抽選応募券の購入はお一人様1点とさせていただきます。 ⑵抽選で申し込みいただきました名義・住所と決済に記入頂いた内容に違いがある場合は強制的にキャンセルさせていただきます。メールで変更などのご連絡頂いても対応できかねます。 ⑶決済が指定時間内に完了いただけない場合は当選権限を失効いたします。 ⑷当選記録のない方が購入されてもこちらでキャンセルさせていただきます。 ⑸当選権限を譲渡、販売することは禁止させていただきます。 ⑹ご自分で使用される目的ではない場合の購入は他の方の迷惑ですのでおやめください。 以下の内容は予告なく変更することがございます。購入前に必ずご確認ください。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ◆collar PAC-03 サイズ:H520mm x W280mm x D150mm (トップを最大伸ばした場合H750mm、背面の長さH480mm) 容量: 約36L〜48L(フロント、サイドポケット含む) 重量: 690グラム(背面パッド込) 推奨総重量:10kg以下 カラー:X-PAC BEIGE サイズ:S, M 2サイズ 目安:Mサイズ 165cm~180cm 普通体型    Sサイズ ~165cm 普通体型 フレームレスであり背面長をサイズ基準としておりません。 販売価格: 34833円(税込)プラス送料930円 *当選者のみ後日決済方法のご連絡をいたします。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 発売から7年 ネットで受注はあれどフリー在庫として初めて販売します 気づけば発売から7年 少しずつ改良を重ね今に至ります ここへきて改めて商品説明をするのは コロナの影響で受注会が出来ず直接説明ができないから 改めて話すとなると難しい 単純に仕様だけの説明が単純明快で良いのかも う〜ん でもそこはやっぱり説明させてもらいたいのです まずは何故PAC-03を作ったのか PAC-03を初めて作ったサンプルは軽さを重視 (ポケットがキューベンファイバーでした) 当時はULと言うものが少しずつ表に出だし その面白さに僕もハマっていきました ザックをどれだけ軽く作るかみたいな感じがあったり その中でも軽くて丈夫な素材を使用して初めてサンプルを作りました 何度かテストをして分かった事は キューベンもシルナイロンも 海外の広いトレイルでは良いのだろうけど 日本の狭くて枝が飛び出たり 岩にこすりながら歩かないといけない様な場所には不向きという事 引き裂きには強くとも尖ったものへは滅法弱い 穴が空いたら直せば良いじゃん! それがULだろ? そんな空気感があったのですが アメリカから入ってきたモノをそのまま真似しても意味がない 僕らのフィルターを通した日本向きのULザックを作りたい そんな思いで修正を重ねました xgridやハイブリッドキューベンなども試しましたが、、 xpacで作ってみたところ 軽さや耐久性などとても良いバランスで仕上がりました 僕の記憶では当時、xpacはそこまで軽くなく強度が必要な部分使い的な役割が多く オールxpacのザッがドイツのラフバッシュ?だったか 記憶が曖昧ですがそこしか作っておらず それが廃盤になってしまい それなら僕らが作ろう! そうして今に続くxpacを使ったpac-03ができたのです ここまでが開発の経緯です これでもだいぶカットしたんです笑 何が言いたいかというと XPacいけてるよね〜とかじゃなく 何度も何度も試してたどり着い素材だということです! そして細かな仕様について 僕も10年前はそうでしたがザックと言えばサイズ ザックにサイズなんてあるの? そんな驚きを感じたのを今でも覚えています ここらは自論になるのですが この自論がPAC-03をみなさんが支持してくれる理由の一つだと 当初は自信もなく曖昧なものでしたが7年経ち今ではそうだと確信しています だって当時は散々バカにされコケにされたので、、 もちろんサイズは重要ですがそれはあくまで要素の一つ 服を買うときに着丈だけ、肩幅だけをみて買いますか? 胸板が厚い人や華奢な人 なで肩な人や骨盤が広い人 大事なのは全体のバランスですよね? ザックもそうだと思うのです あくまでサイズは基準 PAC-03では背面長で説明はしません 小さいザックは当然背面は短くなるのに 大きいザックになると背面を気にしだす それなりの理由もありますが不思議だと思いませんか? PAC-03にはフレームがありません その代わりに 背面に入れている芯材がその役目を果たします これは特注の厚みと凹凸で作ったものでして これが背中の曲線にフィットするように作っています ですので背面長をシビアに気にしなくとも背中にフィットしてくれるのです ULザックではスリーピングマットなどで代用するものもありますが ある程度しっかりしたものを入れることでパッキングもしやすく 角張った荷物が背中にあたる不快な感じも少なくなります テントで寒い時や冷たい岩に腰掛ける時など ちょっとしたマットとしてもお使いいただけます。 背面より大事なのはショルダー そうとう研究されたのか今となっては幅広で厚みのあるULザックが増えましたが 当時ULザックは薄くペラペラなものが主流でした 思うに欧米人の様なしっかりとした体つきの人向けなので ショルダーが薄くてもたいして気にならなかったのではないでしょうか? それに対して日本人は華奢な方が多くショルダーは幅広く厚みが必要だと考えたのです この芯材も厚みを指定しオリジナルで作成しています ショルダーをしっかりと作り込むことで 腰で背負うのではなく背中とショルダーで背負う方式ができたのです 正直に言いますとショルダーの付け幅などで 合わない方がまれに居るのも事実 女性で細身、なで肩で肩幅が狭い方が合わないケースがあります それとは逆に今まで華奢なことが理由で他社のザックが合わない方が うちのザックがしっくり来る場合もあったり、、 難しいですね、、 あくまでも目安として 平均的な男性165cm~180cmはMサイズ 女性150~165cmはSサイズ 受注会では胸板が特別に厚い方や 150cmSでもショルダーが長い方には個別対応する場合がありますが それは受注会でフルオーダーだからできることであり 出来上がったものを直す事はできませんのでご了承ください ウエストベルトも同じで あるべきだと考える方が圧倒的 なんでそうなのか? これは大手ショップや雑誌 みんながこぞってそれを説明する 山雑誌なんてメーカーのカタログ? そう思ってしまうほどの内容 メーカーは売るために消費を煽るために 新しい機能をつけたり それ必要?なものをつけたり とにかく売るための機能だらけ 皆さん氷の壁を登ります? 一週間も一ヶ月も歩きます? 1泊〜4泊程度それに登山道を歩く方が 圧倒的なはずですよね? だったら最低限の機能で十分じゃないですか? シンプルに山を歩く道具なんですから ウエストベルトは15kg以上の荷物を背負う場合は 有効な気がしますが PAC-03は10kg以下を推奨しています 作りが重さに耐えられないからではなく 快適に背負える重さがそうであり 最近では全てのものが軽くなりULを意識せずとも 一泊二日程度であればその程度の重さで収まることが 十分に可能だからです それにウエストベルトもアップダウンの少ない海外のトレイルでは良いと思うのですが アップダウンの多い日本の山では足を上げることが多く ウエストベルトがストレスになることがあります 重さを分散させようとベルトをきつく締めれば血流を妨げ むくみや気分が悪くなることも ウエストベルトを適正な位置にしようとすると ショルダー位置が疎かになったり それこそサイズがきちんとあってないと意味がなくなってしまいます 体型は十人十色なのに もちろんPAC-03にもデフォルトで38mmのナイロンテープ オプションでパッド入りを用意してます これは重さを分散させるというより横揺れを無くす方に重きを置いています 僕も含め周りの友人も歩いている最中にまナイロンテープすらするこがありません 最初は慣れないかもしれませんが慣れて仕舞えば ウエストを締め付けることがない開放感を実感できるはずです 受注会でも多くの方がオプションのパッドを選択しようとしますが 上記のことを説明し納得いただき大多数の方がデフォルトの仕様を選んでくれています せっかくPAC-03を選んで頂いたのですから 本来の機能で使ってもらいたいと思うのです 最後に背負い方 これも誰が言ったか雑誌なのでも見かけますが 先ずウエストを絞めて次にショルダーそして次は、、、 ??? ザックくらい好きに背負わせてよと思います もちろんパッキングのバランスは重要ですが 写真を載せたりすると それに囚われてしまうので あえてニュアンスで説明させてもらいます 先ほども触れた様に 腰で背負わず背中と肩で背負います 腰から上に乗せるイメージです 通常のザックに比べて背中にピタッと吸い付ける様に背負ってください ショルダーハーネスを引っ張って 初めは苦しく感じるかもしれませんが 背中に吸い付けることで横揺れがぜず 重心が動かずいつもより疲れにくいと感じるはずです チェストストラップは岩場などバランスを崩しやすい場所では強めに 安定して歩ける場所では緩ませれば 息苦しさを感じる事はないと思います 本来であれば直接背負ってもらいたいのですが それが難しい今、 これまで数多くの受注会を開催し 接客をさせてもらった経験をもとに たどり着いた方法論で説明させてもらいました これはあくまで僕の考えですので 皆さんが背負い歩く中で考えて頂ければと思います ・ファスナーポケットはマチをつけてはいますが荷物をパンパンに入れると アクセスしにくいので鍵など仕様頻度が少ないものを入れるのに向いています ・水抜き穴 縫い目から浸水したり 生地から結露の様に染み込むので インナーパックとザックカバーの併用をお勧めします ・サイドポケットにはペットボトル2本入ります 行動中片側のショルダーを緩めれば手が届くので ショルダーにボトルホルダーをつけるより こちらからだす方がお勧めです ・サイドのバンジーコードは コンプレッションではなく ストックなどを固定する様です ・今回からDカンを廃止して上部にループ付け足しています (左右ともに) 他社のボトルホルダーが付けやすくなったと思います ・おまけで170cmのバンジーコードと コードロックをつけてます。ピッケルなど固定するのにお使いください 最後に PAC-03は他のザックとは何が違うのか? きっとどのブランドも背負い心地や使い勝手も良いはず PAC-03は僕がデザイン、裁断、縫製を全てこなしています 山で使う道具だから責任を持って どれだけ人気が出たとしても 今までもこれからも そこだけは変わらず続けたいと思っています それがPAC03だから